■VOL.62 2018年1月号〜12月号

 
■VOL.62 2018年1月号 公共工事の生産性の向上にむけて UP ▲
■新年のご挨拶
(PDF 148KB)
一般社団法人全日本建設技術協会会長
大石 久和
p1
■特集 公共工事の生産性の向上にむけて ▶建設現場の生産性向上を目指して
i−Constructionによる建設生産性革命

(PDF 1.5MB)
国土交通省大臣官房技術調査課
橋本 亮
p4
▶次世代インフラ用ロボットの開発・導入について
最近の次世代社会インフラ用ロボット開発・導入における取組みについて

(PDF 799KB)
国土交通省総合政策局公共事業企画調整課
東山 遼
p9
▶災害初動対応におけるICTの活用事例と今後の展望
ICTの活用による災害初動対応の効率化

(PDF 5.2MB)
国土交通省水管理・国土保全局防災課
阿河 一穂
p12
▶「建設ICT導入普及研究会」の活動について
建設ICTの導入普及に向けた取組みについて

(PDF 1.7MB)
国土交通省中部地方整備局企画部
谷口 孝司
p16
▶中部横断自動車道におけるICT活用報告
ICT建設機械を活用した生産性の向上について

(PDF 2.1MB)
国土交通省関東地方整備局甲府河川国道事務所工務第二課
宗 比呂志
p19
▶交通関連ビッグデータを活用した新たなまちづくり
都市の生産性向上を実現する「スマート・プランニング」の推進

(PDF 2.3MB)
国土交通省都市局都市計画課
岩舘 慶多
p22
▶使い勝手の良いガイドラインを目指して
下水道分野へのBIM/CIM導入に向けたモデル事業の実施

(PDF 1.0MB)
国土交通省水管理・国土保全局下水道部下水道事業課
野杁 貴博
p26
▶港湾事業へのICT導入による生産性向上
港湾におけるICTの活用

(PDF 1.4MB)
国土交通省港湾局技術企画課
大場 昌幸
p29
▶ICT活用による漁港漁場整備の効率的な実施を目指して
漁港漁場整備におけるICT活用の取組みについて

(PDF 1.1MB)
水産庁漁港漁場整備部整備課
不動 雅之
p33
■トピックス ▶中山間地域における道の駅等を拠点とした自動運転サービスの実証実験
(PDF 930KB)
 
中村 一成
p36
▶交通ビッグデータを活用した観光支援
(PDF 2.0MB)
 
松本 一城
p40
▶街路空間の再構築
〜遅い交通を優先したまちづくりと合意形成〜

(PDF 1.1MB)
 
石井 朋紀
p43
▶移住定住対策における子育て支援住宅の整備について
(PDF 816KB)
 
山普@友裕
p46
■新技術レポート ▶汎用遠隔操縦装置「サロゲート」による熊本城崩落石撤去工事
(PDF 996KB)
 
森  直樹
p49
■社会資本のストック効果 ▶沼津市西部地域の活性化につながる(あし)(たか)スマートICの開通
(PDF 1.1MB)
 
増田 大吾
p53
■土木の魅力が伝わる広報へ ▶ダムを活用した観光振興について
〜柏崎ダムカードスタンプラリーの開催〜

(PDF 560KB)
 
丸山 勉
p56
■後輩技術者に向けたメッセージ(58)(59) ▶先輩技術者が生んだ新技術を守り成長させた貴重な経験
〜再生水利用の集合住宅内のトラブルを乗り越えた体験談〜

(PDF 564KB)
 
工藤 修一
p59
▶コンパクトなまちづくりのリーディングプロジェクト
「富山港線路面電車(LRT)化事業」について

(PDF 723KB)
 
谷口 博司
p62
■会計検査情報 ▶会計検査の指摘事例とその解説(62)
事例1  木造公営住宅等の設計及び施工における事業主体の確認等について(処置要求事項) 事例2  防災行政無線の整備計画が不適切

(PDF 188KB)
 
芳賀 昭彦
p65
■全建通信 ▶「2017年度建設系公務員賠償責任保険制度」中途加入受付中!
(PDF 567KB)
 
p8
▶詰碁・詰将棋
(PDF 359KB)
 
p48
▶ねぇ知ってる?!日本の国土のことクイズにチャレンジ!
(PDF 329KB)
 
p52
▶全建NEWS−第638回建設技術講習会を岐阜市で開催 等−
(PDF 338KB)
 
p68
▶平成29年度 谷口功労賞・小沢賞・全建功労賞・長期会員表彰 の推薦について/Dr.クマの“健康のヒント”
(PDF 214KB)
 
p70
▶建設技術講習会のご案内(2月開催)
(PDF 181KB)
 
p71
▶編集後記
(PDF 932KB)
 
p72

<表紙写真>神戸港
 あけましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。今月の写真は、1868年に開港して150周年、新たな時代を迎える神戸港の写真です。開港以来、日本を代表する国際貿易港となった神戸港は、我が国の国民生活や産業基盤を支え、また海外から様々なものが輸入され、多くの文化が根付いてきました。
 さらに物流以外にも、市民に親しまれる港として、クルーズ客船の誘致やウォーターフロントの整備にも積極的に取り組んでいます。

次回特集/「社会資本の戦略的な維持管理」の予定です。
■VOL.62 2018年2月号 社会資本の戦略的な維持管理━メンテナンス時代の到来を見据えて━ UP ▲
■巻頭言 ▶みなとまち新潟のまちづくり
(PDF 274KB)
新潟市長
篠田 昭
p2
▶全国の橋梁に係る将来の費用推計の試みについて
(PDF 256KB)
筑波大学システム情報系社会工学域教授
堤 盛人
p4
■巻頭座談会 ▶イノベーションが切り拓く
新時代と国土交通行政〜第2回 建設技術政策懇談会を開催しました(前編)〜

(PDF 1.0MB)
 
メンバー  大石 久和(座長)
太田 昭宏
斎藤 保
坂村 健
p6
■特集 社会資本の戦略的な維持管理━メンテナンス時代の到来を見据えて━ ▶社会資本メンテナンス戦略小委員会(第3期)の審議開始
今後の社会資本の維持管理・更新のあり方について

(PDF 1.0MB)
国土交通省総合政策局公共事業企画調整課
p13
▶カードが「道路管理者」と「国民・道路利用者」のかけ橋に
「北海道かけ橋カード」でメンテナンスの理解を促進!

(PDF 2.4MB)
国土交通省北海道開発局建設部道路維持課
菊地 康
p17
▶橋梁・トンネルの計画的な長寿命化工事の実施
東京都における道路施設の予防保全型管理の取組み

(PDF 1.2MB)
東京都建設局道路管理部保全課
粟本 太朗
p20
▶メンテナンス新技術の活用
予防保全の確立に向けて

(PDF 1.4MB)
葛飾区都市整備部
情野 正彦
p23
▶不安の払拭、自信の創出、技術力の継承
地域の実情に応じた橋梁点検の取組み〜島根プロジェクト〜

(PDF 2.4MB)
島根県土木部道路維持課
実原 哲也
p26
▶大渡ダム大橋における直轄診断及び修繕代行の取組み事例
地方公共団体が管理する橋梁の技術支援について

(PDF 4.3MB)
国土交通省四国地方整備局土佐国道事務所
桝田 雄樹
p29
▶官庁施設情報管理システム(BIMMS−N)を活用した長寿命化の一層の促進
官庁施設におけるインフラ長寿命化へのさらなる取組みについて

(PDF 1.4MB)
国土交通省大臣官房官庁営繕部計画課保全指導室
p32
▶公営住宅の長寿命化に向けた取組み
入居者の移転負担の軽減に配慮した階段室型公営住宅のバリアフリー化事業

(PDF 1.4MB)
愛知県みよし市都市建設部都市計画課
加藤 悦子
成瀬 康博
p35
▶下水道統廃合がもたらすストック効果
次のまちづくりを見据えた汚水処理システムの再構築

(PDF 2.3MB)
佐賀県吉野ヶ里町環境課
八谷 博和
p38
▶北陸地方整備局における取組み
港湾施設の維持管理に携わる職員の技術力アップに向けて

(PDF 1.9MB)
国土交通省北陸地方整備局港湾空港部港湾事業企画課
佐藤 栄治
p42
■上徳不徳 ▶雇用の継続
(PDF 416KB)
一般社団法人全日本建設技術協会会長
大石 久和
p45
■技術資格試験合格体験記 ▶メンテナンス時代へ施設管理者としての技術研鑽—コンクリート診断士—
(PDF 248KB)
 
沢西 芳円
p47
■トピックス ▶Yahoo!で河川監視カメラ画像が見られます
〜Yahoo!と連携した河川情報の提供について〜

(PDF 1.0MB)
 
熱田 雄一
p49
▶複合施設による街の活性化「賑わい創出への挑戦」
(PDF 637KB)
 
西本 隆之
p52
■新技術レポート ▶高機能型遠隔操縦装置(バックホウ用)の開発
(PDF 699KB)
 
平野 高嗣
p55
■土木・建築の魅力が伝わる広報へ ▶地元小学校児童による『1日橋守隊(はしもりたい)』体験学習会について
(PDF 563KB)
 
川坂 優樹
p58
■後輩技術者に向けたメッセージ(60) ▶ちょっとためになる?OBのひとり言
(PDF 231KB)
 
渡部 長務
p61
■会計検査情報 ▶会計検査の指摘事例とその解説(63)
事例1  落橋防止構造の位置を移動して設計不適切

(PDF 218KB)
事例2  濁水処理設備を濁水量に応じたものに改善
芳賀 昭彦
p64
■地区連の頁 — 東 京 — ▶「 建設発生土の官民有効利用マッチング」の試行について
(PDF 419KB)
 
水野 匡洋
p67
▶加速度センサーを活用したPCa造トールゲートの維持管理について
(PDF 370KB)
 
伊藤 佑治
p68
▶首都高速10号晴海線(晴海〜豊洲)2018年3月開通
(PDF 364KB)
 
田中 厚
p69
▶自立的な活性化「特撮聖地イベント」を支援
(PDF 847KB)
 
金山 明広
p70
▶日々精進
(PDF 341KB)
 
井手 努
p71
■全建通信 ▶「 2017年度建設系公務員賠償責任保険制度」中途加入受付中!
(PDF 859KB)
 
p41
▶全建NEWS−第639回建設技術講習会を宮崎市で開催等−/Dr.クマの“健康のヒント”
橋守隊(はしもりたい)

(PDF 304KB)
 
p72
▶全建メールマガジンのご案内/詰碁・詰将棋問題
(PDF 599KB)
 
p73
▶月刊「建設」の過去の記事をホームページで閲覧することができます!
(PDF 1.5MB)
 
p74
▶平成29年 災害復旧関連図書のお知らせ!
(PDF 322KB)
 
p75
▶編集後記
(PDF 923KB)
 
p76

<表紙写真>萬代橋(新潟県新潟市)
 今月の表紙写真は新潟市の信濃川にかかる「萬代橋」です。アーチの美しさと石づくりの重々しさが調和し、その姿にはゆとりと風格さえ感じられます。
 昭和39(1964)年に起きた新潟地震において、ほとんど被害がなく、災害復旧に大きな役割を果たしました。重要文化財である萬代橋は長さ約307mのRC造6連アーチ橋であり、1929年に完成、昨年米寿(88歳)を迎えました。橋も人間と同じように、点検(健康診断)と、早めの補修(治療)が長生きの秘訣です。これからも萬代橋がみなさんに愛される橋であり続けることを願っています。

提供:国土交通省北陸地方整備局新潟国道事務所
次回特集/「災害に強い安全な国土づくり−復旧・復興に向けた取組み」の予定です。
■VOL.62 2018年3月号 災害に強い安全な国土づくり―復旧・復興に向けた取組み― UP ▲
■巻頭言 ▶熊本地震からの創造的復興に向けて
〜新しい魅力と活力に満ちた熊本づくり〜

(PDF 1.1MB)
熊本市長
大西 一史
p2
▶新たなステージの水土砂災害から学ぶこと
(PDF 266KB)
九州大学名誉教授
小松 利光
p4
■巻頭座談会 ▶イノベーションが切り拓く
新時代と国土交通行政〜第2回 建設技術政策懇談会を開催しました(中編)〜

 
メンバー  大石 久和(座長)/太田 昭宏/斎藤 保/坂村 健
p6
■特集 災害に強い安全な国土づくり 復旧・復興に向けた取組み ▶2度の豪雨災害を受けた直轄河川の取組み
九州北部豪雨災害を踏まえた直轄河川の復旧の取組みと河川改修による事業効果について

国土交通省九州地方整備局河川部河川計画課
坂井 佑介
p13
▶全国初の権限代行制度を適用した河川の災害復旧
平成29年7月九州北部豪雨により被災した赤谷川の復旧工事について

国土交通省九州地方整備局筑後川河川事務所
満崎 晴也
p16
▶熊本地震からの復旧・復興に向けて
熊本地震により被災した長陽大橋ルート(村道栃の木〜立野線)の復旧について

国土交通省九州地方整備局熊本復興事務所
松尾 和敏
p19
▶2度にわたる震度7への挑戦と下水道BCPの取組み
熊本地震からの下水道復旧・復興に向けた取組みについて

熊本県土木部道路都市局下水環境課
岩坪 和宏
p22
▶賑わいのある名取川河口部に向けて
東日本大震災で被災した名取川河口部の河川堤防が完成!

国土交通省東北地方整備局仙台河川国道事務所
p26
▶二度と津波による犠牲者を出さないために
被災市街地における震災復興土地区画整理事業等の取組み

岩手県山田町建設課
p29
▶既成市街地の液状化対策に向けて
既成市街地では地盤改良はできないのか

浦安市都市整備部復旧・液状化対策プロジェクト
本多 洋崇
p32
▶女川町における災害公営住宅整備事業
被災者の住宅再建に向けた町の取組みについて

宮城県女川町町民生活課
小海途 聡
p35
▶津波・高波から暮らしと産業活動を守る
釜石港湾口防波堤災害復旧事業

国土交通省東北地方整備局釜石港湾事務所
伊達 史
p38
▶「震災から7年」着実に進む岩手の水産業の復旧・復興
東日本大震災から岩手県の水産業・漁港等の復旧・復興状況について

岩手県農林水産部漁港漁村課
阿部 幸樹
p41
▶早期通行止め解除に向けた1年2ヵ月の取組み
国道274号日勝峠災害復旧の歩み

国土交通省北海道開発局室蘭開発建設部日高道路事務所
燗c 敦
国土交通省北海道開発局帯広開発建設部 帯広道路事務所
佐藤 修也
p45
▶30年先も持続可能なまちを目指して
糸魚川市駅北大火からの復興まちづくり

糸魚川市産業部復興推進課
太田 亘
p49
▶受・発注者の連携により迅速な復旧を目指して
平成26年7月梨子沢土石流災害における復旧工事について

国土交通省中部地方整備局多治見砂防国道事務所上松出張所
澤田 宗也
p52
■平成30年度関係予算 ▶平成30年度建設関係予算の概要
Ⅰ.国土交通省 Ⅱ.水産庁(水産基盤整備・漁港海岸・漁港災害復旧)

 
p55
■諸外国のインフラ情報 ▶世界の常識からかけ離れているわが国の入札契約制度
日本大学危機管理学部教授
木下 誠也
p71
■技術資格試験合格体験記 ▶舗装工事の技術力向上を目指して
—1級舗装施工管理技術者—
橋 克佳
p73
■トピックス ▶琵琶湖疏水の通船が約70年振りに復活します!!
 
阪倉 渉
p75
▶街路の新たな取組み KOBEパークレット
 
原 正太郎
p78
■社会資本のストック効果 ▶国道23号名豊道路のストック効果
 
宮林 克行
p81
■後輩技術者に向けたメッセージ(61) ▶震災廃棄物処理と再生利用
〜巨大地震と大津波、大量のがれき、マテリアルへの回帰〜

 
佐々木 源
p84
■会計検査情報 ▶会計検査の指摘事例とその解説(64)
事例1 根固工の斜面長相当幅の設計が不足

事例2 法枠内排水や表面仕上げを経済設計
芳賀 昭彦
p88
■地区連の頁 — 東 北 — ▶平成29年度 八戸港地震・津波防災訓練の実施について
 
松本 宏行
p91
▶秋田県建設産業担い手確保育成センターについて
 
栗田 亨
p92
▶産学官連携によるメンテナンス技術者の育成
 
森口 壮一郎
p93
▶「 クラレ蔵王シャンツェ」サマーヒル化事業について
 
東海林 純也
p95
▶これまでの経験を活かして
 
深町 啓太
p97
▶弘前市の若手公務員としての思い
 
馬場 和平
p98
■全建通信 ▶土木専門番組「土木チャンネル」のご案内です!!
 
p12
▶全建メールマガジンのご案内
 
p44
▶ねぇ知ってる?!日本の国土のことクイズにチャレンジ!
 
p48
▶「 2017年度建設系公務員賠償責任保険制度」中途加入受付中!
 
p68
▶詰碁・詰将棋問題
 
p70
▶全建NEWSー全建本部 平成30年度事業計画・予算が承認されました、全建活性化森基金助成制度の終了にあたって 等ー
 
p99
▶Dr.クマの“健康のヒント”
 
p107
▶編集後記
 
p108

<表紙写真>糸魚川市駅北大火で被災した加賀の井酒造(新潟県糸魚川市)
平成28年12月22日に発生した糸魚川市駅北大火は、翌23日16時30分の鎮火に至るまでの約30時間にわたる大規模な火災となりました。今回の表紙写真の「加賀の井酒造」は創業360年以上の老舗で日本酒製造及び販売を行う新潟県内では老舗の酒蔵です。酒蔵などは大火で焼失しましたが被災前と同じ敷地内での再建が進み、まち全体がにぎわいを取り戻そうとする中、今年の2月には完成し、3月下旬から酒造りの再開を予定しています。

提供:新潟県糸魚川市
次回特集/「技術の伝承・技術力の向上にむけて」の予定です。
■VOL.62 2018年4月号 技術の伝承・技術力の向上にむけて UP ▲
新入会員の皆様へ
一般社団法人全日本建設技術協会会長
大石 久和
p1
■巻頭言 ▶20年後の現場力について
(PDF 700KB)
国土交通省大臣官房技術審議官
五道 仁実
p4
▶現場知の技術移転にICTの活用を
(PDF 291KB)
東京大学生産技術研究所教授
野城 智也
p6
■巻頭座談会 ▶イノベーションが切り拓く
新時代と国土交通行政〜第2回 建設技術政策懇談会を開催しました(後編)〜

 
メンバー 大石 久和(座長)/太田 昭宏/斎藤 保/坂村 健
p8
■特集 技術の伝承・技術力の向上にむけて ▶首都直下地震BCP計画のスパイラルアップを目指して
関東地方整備局における大規模地震に備えた訓練について

国土交通省関東地方整備局企画部
向井 正大
p16
▶九州ダム技術検討会 ダム担当技術者の技術力向上を図る
九州地方整備局におけるダム技術伝承の取組み

国土交通省九州地方整備局河川部河川計画課
上村 雅文
p19
▶社会資本整備に関する記録の保存と継承の取組み
四国社会資本アーカイブスの取組み

一般社団法人四国クリエイト協会
藤山 究
p22
▶OB職員と現役職員との対話による技術の伝承
温故知新・先輩職員と共に考える今後の横浜下水道

横浜市環境創造局下水道事業マネジメント課
小川 洋平
p25
▶変わるものと、変わらないもの
若手技術者へ引き継ぐ智恵

元山形県県土整備部整備推進監(兼)次長
會田 秀一
p28
▶橋梁長寿命化の歴史と舗装・吹付の長寿命化
長野県での道路施設長寿命化と歴史

元長野県道路公社理事長
安藤 嘉夫
p31
▶一人ひとりが輝く職場環境を目指して
建コンきらきらプロジェクト

第一復建株式会社構造設計部
岩根 陽子
p34
■上徳不徳 ▶インフラという概念
一般社団法人全日本建設技術協会会長
大石 久和
p37
■技術資格試験合格体験記 ▶公共工事の品質確保に向けて
〜日々の取組みこそが資格取得への近道〜

 
丸山 進
p39
▶熟成したら旨味も出た
〜40代からの受験〜

 
勝長 周悟
p41
■トピックス ▶舗装総点検データを活用した市町村道管理の効率化に向けて
 
竹内 康・渡邉 一弘・吉沢 仁
p43
▶青森県におけるトータルマネジメントシステムによる橋梁維持管理
 
壬生 信一
p47
■新技術レポート ▶i-Construction 大賞受賞事例紹介〜ベストプラクティスの水平展開を目指して〜
中小企業が挑戦したICT活用による生産性の向上

 
真坂 紀至
p50
■社会資本のストック効果 ▶高速道の“クロスポイント延岡”が盛況
 
濱田 達哉
p53
■土木・建築の魅力が伝わる広報へ ▶「建設産業ふれあい展」の開催について
〜「みて☆つくって☆体験して!」建設産業の魅力をPR〜

 
永井 清隆
p56
■会計検査情報 ▶会計検査の指摘事例とその解説(65)
事例1 杭頭結合部は杭外周溶接鉄筋で補強できない 事例2 太陽光発電設備等に蓄電池設備等の整備を

 
芳賀 昭彦
p59
■地区連の頁 — 中 国 — ▶観光振興の一翼を担う公共インフラの活用について
事例2 太陽光発電設備等に蓄電池設備等の整備を

 
中野 伸太郎
p62
▶CLTパネル工法県整備第1号「道の駅あわくらんどトイレ」について
 
常田 和久
p63
▶第35回全国都市緑化やまぐちフェア
「山口ゆめ花博」の開催について〜 山口から開花する、未来への種まき 〜

 
山口県
p64
▶UXを高める仕事〜Society5.0に向けて〜
 
河野 真弓
p66
▶新たな地での経験
 
小柳 航
p68
▶広島県職員になって
 
酒井 優希
p69
▶現場での経験を活かして
 
中平 幸太
p70
▶この仕事を選んだ理由について
 
松永 卓也
p71
■全建通信 ▶詰碁・詰将棋
 
p40
▶全建NEWS−平成29年度全建賞予備審査委員会の開催について 等−
 
p72
▶Dr.クマの“健康のヒント”
 
p73
▶全建の建設系公務員賠償責任保険とは?
 
p74
▶技術力向上のために!〜全日本建設技術協会(全建)からのお知らせ〜
 
p76
▶編集後記
 
p80

<表紙写真>

次回特集/「地域活性化の推進〜地域特性を活かしたまちづくり〜」の予定です。

※ 前月号に掲載した「諸外国のインフラ情報」は隔月での掲載を予定しています。次回は5月号に掲載予定です!

■VOL.62 2018年5月号  UP ▲
■巻頭言 ▶目指すは「選ばれるまち 松江」
(PDF 285KB)
松江市長
松浦 正敬
p2
▶建設技術を活かす次のステージとは
(PDF 582KB)
弘前大学教育研究院地域イノベーション学系学系長教授
北原 啓司
p4
■特集 地域活性化の推進 地域の特性を活かしたまちづくり ▶規制改革を地域限定で実施する特区について
地域活性化に向けた特区の取組み

内閣府地方創生推進事務局
小林 賢也
p6
▶北海道の「生産空間」に住み続けられる未来のために
道の駅「コスモール大樹」を拠点とした自動運転サービス実証実験について

国土交通省北海道開発局建設部道路計画課
青木 秀一
p10
▶新産業技術を活用して、ここに暮らし続ける
長野県伊那市の地域活性化に向けた取組み

長野県伊那市企画部企画政策課
重盛 巧
p13
▶屋台の灯をふくおかのまちに残すために
上下水道等の環境整備により「屋台」がふくおかのまちと共生することを目指して

前福岡市道路下水道局管理部路政課
井上 孝和
p16
▶江戸時代築造の桜の名所を兼ねた堤防を後世へ
景観、歴史・文化的資源の保全に配慮した宮川桜堤改修事業

前国土交通省中部地方整備局三重河川国道事務所
大森 徹治
p19
▶観光商業地の再生・地域の活性化
地域の観光資源を活かす「みちのくの小京都」角館の街路整備

秋田県建設部都市計画課
富田 幸憲
p22
▶地方都市における人口減少に対応した都市構造の形成に向けて
公共交通網を主軸とした都市構造の形成に向けて

姫路市都市局まちづくり推進部都市計画課
p25
▶館林都市圏における広域立地適正化方針の策定について
生活圏域に則した連携によるまちづくり

館林市都市建設部都市計画課
p29
▶小規模でも経済的な新技術の活用
バイオマスで町おこし

石川県中能登町上下水道課
山田 正勝
p32
▶歴史的建築物を活用した地域活性化の取組み
世界遺産富岡製糸場を核としたまちづくり

前富岡市経済建設部建築課
藤井 健太郎
p35
▶魅力ある地域の賑わいと憩いの空間創出について
みなとオアシスによる地域振興

国土交通省港湾局産業港湾課
的野 賢司
p38
▶地域活性化に向けた漁港施設の有効活用
漁港を利用した増養殖に向けた取組み

北海道水産局水産林務部漁港漁村課
佐々木 貢
p41
■諸外国のインフラ情報 ▶かつてわが国が見習ったイタリアの入札契約制度
日本大学危機管理学部教授
木下 誠也
p44
■技術資格試験合格体験記 ▶建築士としての第一歩
一級建築士

 
国枝 寛明
p46
▶発注者側にこそ必要な総監力!
技術士(総合技術監理部門)
 
渡辺 斉
p48
■トピックス ▶青森県における建設業の女性活躍推進の取組みについて
 
高橋 智彦
p50
▶鳥取県中部地震における住宅復興への取組み
〜鳥取県被災者住宅再建支援制度について〜

 
尾  恵輝
p53
■新技術レポート i-Construction 大賞受賞事例紹介〜ベストプラクティスの水平展開を目指して〜
i-Construction 〜土工でトライ〜ミスなく安全に そしていいモノを!!

 
三澤 孝
p56
■社会資本のストック効果 ▶砂防・地すべり対策のストック効果(第2報)
 
平澤 良輔
p59
■土木・建築の魅力が伝わる広報へ ▶建設業・土木公務員への理解を深める取組みについて
 
佐竹 元宏
p62
■会計検査情報 ▶会計検査の指摘事例とその解説(66)
 
芳賀 昭彦
p65
■地区連の頁 — 関 東 — ▶港湾空港技術研究所の新たな組織について
 
野田 厳
p68
▶「ドボジョ」横浜に来たれ!女性土木職員確保に向けた取組みについて
横浜市道路局横浜環状北西線建設課
p69
▶土浦駅前北地区第一種市街地再開発事業について
 
伊藤 匠
p70
▶下水道浸水被害軽減総合事業について
 
山高 昌道
p71
▶事故の再発防止
 
石井 浩平
p72
▶常に“県民ファースト”を意識して!!
 
鈴木 和美
p73
■全建通信 ▶詰碁・詰将棋
 
p28
▶全建NEWS— 第252回研修委員会が開催されました 等—
 
p74
▶全建の「建設系公務員賠償責任保険」次期(8月始期)パンフレットを6月号とともに配布いたします!
 
p76
▶Dr.クマの“健康のヒント”
 
p78
▶平成30年度正会員・特別会員の技術図書4割引き斡旋サービス
 
p79
▶編集後記
 
p83

<表紙写真>松江歴史館と堀川遊覧船(島根県松江市)
今月の写真は、松江歴史館と堀川遊覧船です。
松江歴史館は、松江城の東に隣接し、江戸時代には松江藩の家老屋敷が建ち並んでいた場所にあります。館では、松江藩政や城下町の形成、城下の人々の暮らし、藩財政を支え松江を全国有数の富裕藩にした産業などの実物資料等を展示するほか、映像や音声を使って紹介されています。
堀川は、1611年松江城築城と同時に造られ、現在は、堀の大部分が現存していますが昭和40年代、水質悪化が激しかったため、積極的に下水道整備事業を進め、また宍道湖から浄化用水を導入するなどして水質改善に取り組んだ結果、遊覧船などの観光資源化に成功しました。
なお、堀川遊覧船は、松江城を囲む約3.7㎞の堀川を約50分かけて、ゆっくりと巡る船旅です。
途中17ある橋を潜り抜ける際、遊覧船が橋通過に支障が無いよう、水位17〜37㎝に保つように浄化用水導入量をポンプ制御しています。そのため、橋げたの低い4ヵ所を通過する際は、遊覧船の屋根が下がり、乗客、船頭さん全員、前傾姿勢で橋を通過!とややスリリングな体験が待っています。
島根県は、シジミを始め、美味しい食材の宝庫でもあります。お越しの際は、是非とも様々な形で松江市をお楽しみください。

提供:松江市
次回特集/「災害に強い安全な国土づくり」の予定です。

Copyright(c)2006-2018 zenken.com All rights reserved.