■Vol.63 2019年1月号〜12月号

 
■Vol.63 2019年1月号 公共工事の生産性の向上にむけて UP ▲
■新年のご挨拶 一般社団法人全日本建設技術協会会長
(PDF 187KB)
 
大石 久和
p1
■特集 公共工事の生産性の向上にむけて ▶さらなる深化に向けて
i-Constructionによる建設生産性革命

国土交通省大臣官房技術調査課
橋本 亮
p4
▶地方公共団体へのICT専門家派遣事業
i-Construction普及加速事業におけるICT活用施工の効率化に向けた取組み

国土交通省総合政策局公共事業企画調整課
久保 恭伸
p8
▶大分川ダム施工における最新技術また今後のICTの課題について
大分川ダム建設事業で活用したICT技術

国土交通省九州地方整備局大分川ダム工事事務所
酒井 正二郎
p12
▶“i-Construction&Management”維持管理段階を見据えたCIMの導入
小石原川ダムにおけるCIMの活用

独立行政法人水資源機構朝倉総合事業所
奈良 洋幸
p15
▶BIM/CIM活用や働き方改革推進の取組み
新猪ノ鼻トンネル(徳島工区)工事におけるBIM/CIMの活用について

国土交通省四国地方整備局香川河川国道事務所
阿部 浩之
p18
▶ICT活用で魅力ある土木現場を目指して
有明海沿岸道路(佐賀福富道路)のICT活用工事の施工事例について

佐賀県県土整備部有明海沿岸道路整備事務所
白濱 政彰
p21
▶新潟市におけるICT活用工事の効果と課題
現場におけるICT活用とその効果

新潟市土木部東部地域土木事務所
石塚 俊也
p24
▶新技術を活用した歩行者量調査の効率化
まちの活性化を測る歩行者量調査のガイドライン

国土交通省都市局都市計画課
村上 卓大
p27
▶建築分野におけるi-Constructionの推進に向けて
営繕工事における生産性向上に係る取組みについて

国土交通省大臣官房官庁営繕部整備課施設評価室
榮西 巨朗
p31
▶ICT活用の加速に向けて
港湾におけるICT活用の今後の展開について

国土交通省港湾局技術企画課
鈴木 理恵
p34
▶大水深海域でROVを活用した施工事例
牛根麓漁港浮防波堤の整備

鹿児島県大隅地域振興局建設部河川港湾課
上田 猛志
p38
■諸外国のインフラ情報 ▶国内外の建設コンサルタント調達方式
日本大学危機管理学部教授
木下 誠也
p41
▶―米国の最近のインフラ政策―
2018年11月の中間選挙前後のインフラ政策に関する動き

株式会社近畿地域づくりセンター技術顧問
益倉 克成
p43
■海外機関派遣者レポート ▶中東の大国イランでの経済協力の経験
 
野呂田 亮
p45
■国土交通省技術センターの紹介⑤ ▶中部地震津波対策技術センターの取組み
 
木村 秀治
p47
■技術資格試験合格体験記 ▶自分に合った学習方法の確立〜1級建築士試験を通して〜
―1級建築士―

 
山﨑荘太郎
p51
■トピックス ▶オリンピック・パラリンピックのレガシー〜時代を越えて変わらないもの〜
 
砂田  覚
p53
▶妖怪パワーで生まれ変わった水木しげるロード〜観光地における街路空間の再配分による高質空間の創出〜
 
足立 晴夫
p56
▶「かさま歴史交流館井筒屋」を拠点としたまちづくり
 
中山 考司
p59
■新技術レポート ▶i-Construction 大賞受賞事例紹介〜ベストプラクティスの水平展開を目指して〜ICT施工による生産性向上
 
株式会社新井組
p62
■土木・建築の魅力が伝わる広報へ ▶歴史と地形から愛知を知る「ブラアイチ」の取組み
 
今井 誓也
p65
■社会資本のストック効果 ▶下水道事業によるストック効果の事例
平成30年7月豪雨における岡山市の下水道ポンプ場の整備効果

 
斎野 秀幸
p68
■後輩技術者に向けたメッセージ(68) ▶出会いと経験と成長、その時が一番がんばるとき
 
田中 隆司
p71
■会計検査情報 ▶会計検査の指摘事例とその解説(73)
 
芳賀 昭彦
p74
■事例から学ぶ現場力の向上 ▶大型ブロックが使用出来ない
 
p77
■全建通信 ▶詰碁・詰将棋
 
p64
▶全建NEWS−第649回建設技術講習会を熊本市で開催 等−
 
p78
▶Dr.クマの“健康のヒント”/「2018年建設系公務員賠償責任保険制度」中途加入受付中!
 
p80
▶平成30年度 谷口功労賞・小沢賞・全建功労賞・長期会員表彰 の推薦について/ねぇ知ってる?!日本の国土のこと クイズにチャレンジ!
 
p81
▶建設技術講習会のご案内(2月開催)
 
p82
▶編集後記
 
p84

<表紙写真>八日市護国の雪景色(愛媛県喜多郡内子町)
今月の表紙写真は、江戸や明治の面影を残す町家や屋敷が建ち並ぶ愛媛県喜多郡内子町にございます八日市護国重要伝統的建造物群保存地区です。
内子町は江戸時代後期から明治時代にかけて木 (もくろう)の生産によって栄えた町です。約600mの通りに伝統的な造りの町家や豪商の屋敷が軒を連ねており、まるでタイムスリップしたかのような往時の面影を残す風景が広がっています。
落ち着いた町並みを散策していると浅黄色の土壁が目につきますが、この壁は、地元の土で塗られたもので、白漆喰と黄土が織りなすコントラストは、独特の温かい風景をつくり出しています。
なお、来月2月27日より愛媛県松山市で全建講習会を開催、最終日の3月1日の現場研修では、内子町歴史町並み保存・景観保全を視察します。今回の写真は、お正月の雪景色です。玄関口にはお正月のしめ飾りが見られます。内子町は、積雪はほとんどなく年に1〜3回くらいこのような風景になるとのことです。
講習会が開催される頃は、日差しが明るく穏やかに土壁が優しく照っている風景をご覧いただける時期でしょう。たくさんの方のご参加をお待ちしております。

提供:愛媛県喜多郡内子町
次回特集/「社会資本の戦略的な維持管理」の予定です。

Copyright(c)2006-2019 zenken.com All rights reserved.