■VOL.61 2017年1月号〜12月号

 
■VOL.61 2017年 1月号 新技術・新工法 UP ▲
▶新年のご挨拶
(PDF 153KB)
一般社団法人全日本建設技術協会会長
大石 久和
p1
■特集 新技術・新工法 ▶i−Constructionの取組みについて
—建設現場の生産性向上を目指して—

(PDF 1.2MB)
国土交通省大臣官房技術調査課
嶋崎 明寛
p4
▶新技術の活用について
—新技術のさらなる活用促進を目指して—

(PDF 539KB)
国土交通省九州地方整備局九州技術事務所
小柳 典親
p8
▶高速道路におけるETC2.0プローブ情報の活用について
—高速道路における交通情報提供の高度化に向けて—

(PDF 1.0MB)
株式会社高速道路総合技術研究所交通環境研究部
 健
p11
▶港湾におけるICT導入に向けた取組みについて
—港湾工事の生産性向上について—

(PDF 863KB)
国土交通省港湾局技術企画課建設企画室
大場 昌幸
p14
▶ICTの活用等による新たな都市浸水対策の取組み
—「 雨水管理のスマート化」の実現に向けて—

(PDF 1.3MB)
国土交通省水管理・国土保全局下水道部流域管理官付
金城 弘典
p18
▶八戸漁港における木材を利用した液状化対策について
—流通拠点漁港の効率的な防災力の強化による水産資源維持向上への波及—

(PDF 997KB)
青森県三八地域県民局地域農林水産部三八地方漁港漁場整備事務所
奈良岡 勲
p23
▶新潟県におけるAI(人工知能)・IoT(モノのインターネット)技術の導入に向けて
—「 未来の建設現場の姿」を実現するための取組み—

(PDF 1.1MB)
新潟県土木部技術管理課
p26
■上徳不徳 ▶政府・公務員・エンゲージメント
(PDF 912KB)
一般社団法人全日本建設技術協会会長
大石 久和
p29
■メンテナンスを支える取組み  ▶地域の宝 千住大橋の米寿(88歳)を祝う
(PDF 788KB)
国土交通省関東地方整備局東京国道事務所管理第二課
粕谷 日出夫
p31
▶大阪府における「地域維持管理連携プラットフォーム」の取組みについて
(PDF 672KB)
大阪府都市整備部事業管理室事業企画課防災・維持グループ
美馬 一浩
p34
■インフラ整備のストック効果  ▶大渇水を契機とした福岡市の配水調整システムの導入と様々な効果
記事は、都合によりHP上では公開できません

福岡市水道局浄水部水管理課
嶌村 晃
p37
■トピックス ▶「ガイド東北」の進化(パワーアップ)に向けて!
〜電子版スタンプラリー等により東北への誘客機能を強化〜

(PDF 1.1MB)
国土交通省東北地方整備局企画部企画課
「ガイド東北」制作委員会
p40
■後輩技術者に向けたメッセージ㊴㊵ ▶ダム管理について思うところ
(PDF 318KB)
元国土交通省北陸地方整備局地方事業評価管理官
岡村 幸弘
p43
▶「しまなみ海道サイクリングロード」について
(PDF 1.1MB)
前愛媛県土木部長
田村 弘文
p47
■会計検査情報 ▶会計検査の指摘事例とその解説(53)
(PDF 251KB)
元会計検査院
芳賀 昭彦
p51
■全建通信 ▶全建NEWS
—平成28年度谷口功労賞・小沢賞・全建功労賞・長期会員の推薦について等—

(PDF 295KB)
 
p54
▶新刊紹介/詰碁・詰将棋
(PDF 616KB)
 
p56
▶Dr.クマの“健康のヒント”/全建正会員専用建設系公務員賠償責任保険制度 中途加入受付中!!
(PDF 735KB)
 
p57
▶平成28年度全建賞 エントリーの締め切りが迫っています!!/月刊「建設」の表紙写真を募集中!
(PDF 684KB)
 
p58
▶全建CPD制度を無料で利用いただけます
(PDF 761KB)
 
p59
▶編集後記
(PDF 974KB)
 
p60

<表紙写真>瀬戸内しまなみ海道(愛媛県今治市)
明けましておめでとうございます。 今月の表紙は、来島(くるしま)海峡大橋越しに見える瀬戸内海の日の出の写真です。 来島海峡大橋を含む瀬戸内しまなみ海道にあるサイクリングロードは、日本で初めて海峡を横断する自転車道で、アメリカCNN旅行では、「世界7大サイクリングコース」の1つとして紹介されるなど国内外から高く評され、「サイクリストの聖地」となっています。 これからの豊かな国土づくり、地域づくりには、既存のインフラを有効活用する「賢く使う」取組みを進め、インフラのストック効果を最大化させていく必要があります。このサイクリングロードを活用した取組みは、自転車通行空間の確保のみならず、官民連携、外国との提携、国際サイクリング大会の開催等多角的な試みを実施し、平成26年度の全建賞を授賞しました。 本号掲載の「後輩技術者に向けたメッセージ㊵」では、前愛媛県土木部長であられました田村様ご執筆記事におきまして「しまなみ海道サイクリングロード」完成までの話、開通後に発生した問題、自転車道・通行料金無料化までの道のりなど、会員技術者の皆様にとって参考になることと思います。 本年も会員の皆様が参考となる機関誌月刊「建設」となるよう務めて参りますので宜しくお願い致します。

提供:本州四国連絡高速道路株式会社
次回特集/「社会資本のストック効果」の予定です。
Vol.61 2017年 2月号 社会資本のストック効果 UP ▲
■巻頭言 ▶「住むなら和歌山市」の実現に向けて
(PDF 1.2MB)
和歌山市長
尾花 正啓
p2
▶社会資本のストック効果計測の課題
(PDF 241KB)
東京工業大学環境・社会理工学院教授
朝倉 康夫
p4
■特別寄稿 ▶今がチャンスのとき
(PDF 387KB)
株式会社キャンディッドプロデュース代表取締役社長・プロデューサー
残間 里江子
p6
■特集 社会資本のストック効果 ▶インフラストック効果について
—最大限かつ継続的な効果発現に向けて—

(PDF 1.1MB)
国土交通省総合政策局公共事業企画調整課
神田 真太郎
p9
▶圏央道のストック効果について
—つながる。まわる。圏央道。—

(PDF 2.8MB)
国土交通省関東地方整備局道路部計画調整課
押田 裕幸
p13
▶新東名(浜松いなさJCT〜豊田東JCT間)開通による地域活性化について
—新東名つながる! 豊田東JCT 浜松いなさJCT—

(PDF 1.9MB)
中日本高速道路株式会社名古屋支社
p16
▶「モノづくりあいち」を支える衣浦豊田道路
—ストック効果を生み出す物流拠点間ネットワークの整備—

(PDF 1.6MB)
愛知県建設部道路建設課
早野 将康
p19
▶大和川線の整備による効果について
—道路整備がもたらすストック効果—

(PDF 959KB)
堺市建設局大和川線推進室
p22
▶平成28年洪水における治水事業のストック効果について
—九州及び北海道における事例の紹介—

(PDF 5.8MB)
国土交通省水管理・国土保全局治水課
成田 秋義 他3名
p25
▶那珂川と周辺施設(道の駅)と一体となったにぎわい創出
—那珂川のかわまちづくり(茨城県城里町の事例)—

(PDF 1.1MB)
国土交通省関東地方整備局常陸河川国道事務所
八尋 裕
p29
▶真間川改修の進捗に伴い、かつての水害常襲地帯が「安全で安心できる街」に
—流域関係機関一体となった治水対策への取組み—

(PDF 1.2MB)
千葉県県土整備部河川整備課
鈴木 利幸
p32
▶砂防・地すべり対策のストック効果
—日本三大秘境「()()」の事例—

(PDF 2.8MB)
国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所
平澤 良輔
p35
▶ええじゃないか!下水道〜甦れ伊勢のまち〜
—下水道整備による伝統行事の復活—

(PDF 1.3MB)
伊勢市上下水道部下水道建設課
倉野 隆宏
p38
▶港湾事業のストック効果
—暮らしを支える多様な効果—
記事は、都合によりHP上では公開できません

国土交通省港湾局計画課
對木 努
p41
▶漁港・漁場のストック効果
—幅広い効果とそれをより発揮させる取組み—

(PDF 2.6MB)
水産庁漁港漁場整備部計画課
河野 大輔
p45
■上徳不徳 ▶「都市城壁とインフラ」史観
(PDF 382KB)
一般社団法人全日本建設技術協会会長
大石 久和
p48
■平成29年度建設関係予算 ▶平成29年度建設関係予算の概要
(Ⅰ.国土交通省 Ⅱ.水産庁(水産基盤整備・漁港海岸・漁港災害復旧))

(PDF 5.0MB)
 
p50
■メンテナンスを支える取組み ▶「スマホ」を使って路面の状態を見える化と活用検討
〜スマートフォンのGPSと加速度センサーを利用した路面損傷の見える化〜

(PDF 1.2MB)
柏市土木部道路保全課
加藤 弘樹・吉田 博基
p65
▶舗装の下に隠れた金属のき裂を早期発見〜赤外線と電磁誘導と超音波の力で〜
(PDF 962KB)
阪神高速技術株式会社技術部
角 和夫
p68
■後輩技術者に向けたメッセージ㊶㊷ ▶土木・建築は「幸せ創造の原点」である
(PDF 506KB)
元山形県危機管理監
小山 寛
p71
▶橋を通して学び取ったこと
(PDF 510KB)
元熊本県土木部長
戸塚 誠司
p74
■地区連の頁—中部— ▶木曽川水系長良川における河床低下対策の実施について
(PDF 936KB)
岐阜県郡上土木事務所河川砂防課
渡辺 勇人
p77
▶中川橋改築工事について
(PDF 343KB)
名古屋市緑政土木局道路建設部道路建設課
後藤 誠
p78
▶ICTの活用に関する技術職員研修について
(PDF 347KB)
藤枝市総務部契約検査課
徳谷 安英
p79
▶業務を振り返って
(PDF 278KB)
富士市建設部道路整備課
古郡 美佳
p80
■全建通信 ▶全建正会員専用建設系公務員賠償責任保険制度中途加入受付中!!
(PDF 698KB)
 
p62
▶全建NEWS
—第630回建設技術講習会を横浜市で開催—

(PDF 487KB)
 
p81
▶詰碁・詰将棋
(PDF 253KB)
 
p82
▶Dr.クマの“健康のヒント”/オフサイドトーク
(PDF 222KB)
 
p83
▶編集後記
(PDF 921KB)
 
p84

<表紙写真>和歌山城と紅梅(和歌山県和歌山市)
今月の写真、和歌山城は、和歌山市の中心部に位置する標高48.9mの(とら)(ふす)(やま)に建造され、紀州藩55万5千石の居城でした。紀州徳川家は、水戸・尾張と並ぶ「徳川御三家」と呼ばれ、8代将軍吉宗、14代将軍家茂と2人の将軍を輩出したことは有名です。
第5代藩主である徳川吉宗は、紀ノ川の堤防を連続堤に改築して堤防の切れ目を無くすことにより、河原と洪水時には氾濫していた土地(氾濫原)を分離し、そして分離した氾濫原に紀の川から用水を引き、新田開発を行うという総合開発を実施しました。この手法は「紀州流治水工法」と呼ばれますが、吉宗が江戸幕府8代将軍に就任した後には利根川・荒川の治水・利水に採用され、見沼代用水を始めとする大規模灌漑事業を通じて、関東平野の生産活動の向上に寄与しました。
和歌山城には、今頃の季節には見頃の紅梅と水仙が咲き誇っています。今年は、暖かい日が続いたせいか、平年より少し早く、紅梅と水仙が咲きました。なお、和歌山城内各所では、『おもてなし忍者』が観光客の皆様をおもてなししており、和歌山市の観光地として常に上位ランキングに入っています。
また、和歌山市内は関西国際空港からアクセスがよく、和歌山城以外にも有名なアニメのモデルの舞台になったといわれる友ヶ島、万葉の時代から美しい風景で多くの人に愛されてきた景勝地和歌浦、和歌山グルメとして外すことが出来ない和歌山ラーメン等々、ここ10年間で外国人観光客も増加し、多くの観光客で賑わっています。

提供:一般社団法人和歌山市観光協会
次回特集/「災害に強い安全な国土づくり 復旧・復興に向けた取組み 」の予定です。
■VOL.61 2017年 3月号 災害に強い安全な国土づくり〜復旧・復興に向けた取組み〜 UP ▲
■巻頭言 ▶災害に強いまちづくり宮城モデルの構築
(PDF 258KB)
宮城県知事
村井 嘉浩
p2
▶大規模災害への理解と信頼そしてリスクの受容と受忍のはざま
(PDF 281KB)
中央大学理工学部都市環境学科 教授
山田 正
p4
■特集 災害に強い安全な国土づくり〜復旧・復興に向けた取組み〜 ▶“防災意識社会”への転換
—「 大災害は必ず発生する」との意識を、社会全体で共有し、あらゆる災害に備える —

国土交通省水管理・国土保全局防災課
小澤 盛生
p6
▶平成27年9月関東・東北豪雨災害における福島県の取組みについて
— 道路被災後の早期交通開放を目指して —

福島県土木部道路管理課
高橋 英晴
p10
▶紀伊半島大水害発生に伴う未供用区間の迂回路活用について
— 紀伊半島大水害からの復旧・復興に向けて —

奈良県県土マネジメント部道路建設課
東田 直樹
p13
▶平成27年9月関東・東北豪雨後のハード・ソフト対策による復興状況について
— 鬼怒川緊急対策プロジェクトの推進について —

国土交通省関東地方整備局下館河川事務所
銭谷 秀徳
p16
▶山元町における復興まちづくり
—コンパクトで持続可能なまちづくり —

宮城県山元町震災復興企画課
佐藤 佳弘
p19
▶日本下水道事業団の災害支援
— 非常時も地方自治体を強力にサポート —

日本下水道事業団事業統括部事業課
中筋 康之
p23
▶大船渡港湾口防波堤災害復旧事業
— 津波から地域を守る湾口防波堤の復旧 —

国土交通省東北地方整備局釜石港湾事務所
末廣 文一
p26
▶宮城県の漁港・漁村における復旧・復興に向けた取組み
— 漁港・漁村の復旧・復興の取組みと今 —

宮城県農林水産部漁港復興推進室
佐藤 徹
p29
■メンテナンスを支える取組み  ▶産・学・官の連携でロボット活用を推進
国土交通省中部地方整備局企画部施工企画課
田口 智之
p33
▶実物大の研修用不具合堤防で変状を発見する能力を磨く 国土交通省近畿地方整備局近畿技術事務所品質調査課
前田 竜治
p36
■後輩技術者に向けたメッセージ㊸㊹  ▶物事を進める源は、モチベーション・信頼・協調
前国土交通省東北地方整備局企画部技術調整管理官
伊藤 友良
p40
▶地域を守る建設産業の発展に向けて
国土交通省九州地方整備局九州技術事務所長九州防災・火山技術センター副センター長
足立 辰夫
p43
■会計検査情報 ▶会計検査の指摘事例とその解説(54)
元会計検査院
芳賀 昭彦
p46
■地区連の頁 — 東 北 — ▶津軽ダム建設事業が完成
国土交通省東北地方整備局津軽ダム工事事務所
遠藤 俊彦
p49
▶「復興のシンボル」気仙沼大島大橋について
宮城県気仙沼土木事務所
小野 栄
p50
▶蟹沢2号配水池築造工事について 八戸市八戸圏域水道企業団浄水課
三浦 雄弥
p51
▶「けんせつ女子カフェ」オープンしました!
山形県県土整備部建設企画課
井上 洋子
p52
▶自ら考える力
岩手県県北広域振興局土木部河川港湾課河川砂防チーム
八木沢 真紀
p53
▶安心・安全な水を届けるために
青森市企業局水道部整備課
泉谷 勇気
p54
■全建通信 ▶全建NEWS
— 全建本部の平成29年度 事業計画・予算が承認されました 等—

 
p55
▶Dr.クマの“健康のヒント”
 
p62
▶全建正会員専用 建設系公務員賠償責任保険制度
 
p63
▶詰碁・詰将棋
 
p63
▶編集後記
 
p64

<表紙写真>つばめの(もり)地区・被災住民の移転先として整備された新市街地(宮城県亘理郡山元町)
宮城県山元町は、東日本大震災において甚大な被害を受け、復興事業の柱として、3つの新市街地を整備しました。今月の写真はそのうちの一つ、つばめの杜地区まちびらきや約6年ぶりとなるJR常磐線再開を喜ぶ住民の方々をはじめ、様々な写真を掲載しました。なお、詳しい内容につきましては、山元町震災復興企画課、佐藤さんの「山元町における復興まちづくり」の記事をご覧ください。
また、まちびらきに合わせてJR山下駅に高さ2メートル、長さが30メートルもある巨大壁画「Happyやまのもと」がお披露目されました。この壁画は、地域再生や鎮魂の願いが込めており、また町内の合戦原遺跡で発見された7〜8世紀の線刻画やサーフィンを楽しんでいる様子などが描かれ、町の過去、現在、未来を表現しています。現在は、地元スーパーにて常設展示しています。
最後に山元町で活躍中のゆるキャラ、山元町PR担当係長・ホッキーくん(左下から2番目)は、山元町の魅力を日々発信し、町の特産品、ホッキ貝のキャラクターである男の子です。当然、子供達にも大人気で「ゆるキャラグランプリ2016」にも出場しました。

提供:宮城県亘理郡山元町
次回特集/「技術の伝承・技術力の向上にむけて」の予定です。
■VOL.61 2017年4月号  技術の伝承・技術力の向上にむけて UP ▲
■巻頭言 ▶技術力について思うこと
(PDF 483KB)
国土交通省大臣官房技術審議官
五道 仁実
p2
▶ニッポンを支えるプロフェッショナル
(PDF 225KB)
東洋大学理工学部長兼理工学部生体医工学科教授
寺田 信幸
p4
■特集 技術の伝承・技術力の向上にむけて ▶若手技術者向け体験型技術講習会の取組み
— 産官協働による若手技術者育成の取組み —

国土交通省東北地方整備局東北技術事務所
松舘 豊久
p6
▶埼玉方式の「新たな技術の伝承」の始まり!
— 土木工事手順マニュアルの作成について —

埼玉県県土整備部総合技術センター
淋 信康・河名 清
p9
▶静岡県における土木技術職員の技術力向上にむけた取組み
—「 考え方」×「意欲」×「行政能力・技術能力」の向上を実現する取組み —

静岡県交通基盤部建設支援局技術管理課(建設技術監理センター駐在)
平井 武志
p12
▶県市町村連携による技術力向上の取組み
— 宮崎県における土木技術職員の技術力向上にむけた取組み事例 —

宮崎県県土整備部河川課
木田 昌志
p15
▶技師力の向上にむけて
—「そうだ!!技師に聞こう」と言われるために —

福山市建設局建設管理部建設政策課
小原 徹
p18
▶現場研修から得られるもの
— 豊橋市におけるバイオマス利活用センターの視察 —

豊橋市上下水道局下水道施設課
七原 秀典
豊橋市財務部契約検査課
浅井 洋一郎
p21
■上徳不徳 ▶財政再建至上主義の完全なる誤り
一般社団法人全日本建設技術協会会長
大石 久和
p23
■技術資格試験合格体験記 ▶公共工事の品質確保のために — 公共工事品質確保技術者(T)—
宮崎県県土整備部西都土木事務所
橋 利典
p25
▶「公共調達の達人」への道 — 公共工事品質確保技術者(T)—
相模原市都市建設局道路部緑土木事務所
岩本 直登
p27
■土木の魅力が伝わる広報へ ▶魅力ある建設業に向けた取組みについて
大分市総務部契約監理課工事検査室
岩田 孝幸
p29
▶『群馬県建設関連企業 GUIDEBOOK 2016』
〜全国初!建設関連企業に特化した情報を発信!!〜

群馬県県土整備部建設企画課
p32
■社会資本のストック効果 ▶ダムが支える日本一の製紙業
国土交通省四国地方整備局吉野川ダム統合管理事務所
難波 怜
p34
▶安芸灘とびしま海道サイクリングロードにおける取組み
広島県土木建築局西部建設事務所呉支所
岡田 康博
p37
■会計検査情報 ▶会計検査の指摘事例とその解説(55)
元会計検査院
芳賀 昭彦
p40
■後輩技術者に向けたメッセージ 発想の転換(思い学び、学び思う)
元愛媛県道路都市局長
菅野 光義
p43
▶昭和57年長崎大水害で思うこと
元長崎県土木部技監
宮  東一
p47
■地区連の頁 — 関 東 — ▶先端材料資源研究センターの研究活動について
国立研究開発法人土木研究所先端材料資源研究センター
渡辺 博志
p50
▶既設道路照明灯のLED化について
相模原市都市建設局道路部路政課
山田 陽介
p51
▶八ッ場ダム建設工事現場視察について
宇都宮市上下水道局工事受付センター
柿沼 直登
p52
▶防災庁舎建設事業について
市原市総務部総務課
渡邉 誠
p53
▶甲府2040(ニイマルヨンマル)プロジェクトについて
甲府市建設部まち開発室建築指導課
大塚 たまき
p54
▶次々続々
群馬県県土整備部渋川土木事務所
生方 明日香
p55
■全建通信 ▶全建NEWS
— 平成28年度全建賞予備審査委員会の開催について 等—

 
p56
▶全建会員は無料で全建CPD制度に登録できます!
 
p58
▶Dr.クマの“健康のヒント”/詰碁・詰将棋
 
p59
▶全建メールマガジンのご案内
 
p60
▶月刊「建設」の過去の記事をホームページで閲覧することができます!!
 
p61
▶全建の建設系公務員賠償責任保険とは?〜4月から管理職になられた会員の皆様へ〜
 
p62
▶平成29年度 正会員・特別会員の技術図書4割引き(送本料サービス)斡旋サービス!
 
p64
▶技術力向上のために!〜全日本建設技術協会(全建)からのお知らせ〜
 
p68
▶編集後記
 
p72

<表紙写真>相模原市民桜まつり(神奈川県相模原市)
 今月の写真は、毎年4月に開催される、相模原市民桜まつりです。
 相模原市は、圏央道(首都圏中央連絡自動車道)がほぼ全面開通したことにより、広域交流拠点として特に物流業界が進出するとともに、2027年開業予定のリニア中央新幹線の神奈川県駅(仮称)が設置される等、発展目覚ましい都市です。
 この桜まつりは、昭和49年市制施行20周年を記念し、市役所前桜通りの桜並木を生かして始められた市民団体の参加を中心としたおまつりです。市民の手作りによる催し物やパレードなどが2日間にわたり盛大に行われています。
 また、市役所前通りの桜並木は『かながわの花の名所100選』にも選ばれており、桜の開花に合わせて夜にはライトアップも行われ、夜桜が楽しめます。

提供:神奈川県相模原市
次回特集/「地域活性化の推進」の予定です。
■VOL.61 2017年5月号 地域活性化の推進 魅力ある地域づくりに向けて UP ▲
■巻頭言 ▶暮らしを楽しめる「まち」を目指して
(PDF 237KB)
弘前市長
葛西 憲之
p2
▶30年越しの宿題から
(PDF 201KB)
筑波大学システム情報系社会工学域教授
谷口 守
p4
■特集 地域活性化の推進 魅力ある地域づくりに向けて ▶‘魅せる土木’の工夫と効果的な情報発信による広報プロモーション
— 地域創生を推進するインフラツーリズム —

東京都市大学工学部都市工学科災害軽減工学研究室教授
吉川 弘道
p6
▶「みなとオアシス」の新しい制度がスタート
— みなとオアシスを活かした地域活性化に向けて —

国土交通省港湾局技術企画課
田中 豊和
p10
▶北の住まいるタウンの取組みについて
— 持続可能な地域づくりを目指して —

北海道建設部まちづくり局都市計画課
森川 裕美子
p14
▶荒川(阿武隈川支川)の土木遺産を活用した地域活性化の取組み
— 日本一の清流で、震災前の賑わいを取り戻す —

国土交通省東北地方整備局福島河川国道事務所
奥中 智行
p17
▶道の駅もてぎの取組みについて
—地域の「魅力」で新たな拠点形成 —

栃木県茂木町地域振興課
堀江 順一
p21
▶回転寿司のオープンにより漁業地域が活性化
— 漁港を活かした地域活性化への取組み —

石川県農林水産部水産課
中野 一希
p25
▶岐阜市の目指すべき将来都市像の実現に向けて〜岐阜市立地適正化計画〜
— コンパクトシティへの取組み —

岐阜市都市建設部都市計画課
生駒 正之
p28
▶鉄道沿線まちづくり協議会の取組みについて
— 広域連携型コンパクトシティの形成を目指して —

大阪府高石市政策推進部総合政策課
大坂 友和
p31
■技術資格試験合格体験記 ▶公務員技術者こそ総合技術監理部門を
—技術士(総合技術監理部門)—

札幌市水道局給水部工事課
藤田 将輝
p34
▶信頼される技術者を目指して
—技術士(建設部門)—

札幌市まちづくり政策局総合交通計画部新幹線推進室新幹線推進担当課
滝谷 是央
p36
▶技術士への挑戦
—技術士(建設部門)—

岐阜県古川土木事務所河川砂防課
奥原 常志
p38
▶一級建築士資格取得を目指して
—一級建築士—

福島県相双建設事務所建築住宅部建築住宅課
菅谷 真典
p40
▶技術者として自信を持つために
—1級土木施工管理技士—

新潟市土木部西部地域土木事務所建設課
齋藤 大治
p42
■トピックス ▶「i−Construction推進コンソーシアム」WG活動開始
国土交通省大臣官房技術調査課
嶋崎 明寛
p44
▶平成29年度土木工事積算基準等の改定について
国土交通省大臣官房技術調査課
桝谷 有吾
p46
▶社会資本情報プラットフォームの公開について〜社会資本情報の分野横断的な「見える化」の推進〜
国土交通省大臣官房技術調査課
城澤 道正
p49
▶横浜市における健康みちづくりについて
横浜市道路局計画調整部企画課
樽川 正弘
p51
▶堺市における下水再生水を熱源と水源に複合利用する事例について
堺市上下水道局下水道部下水道事業調整課
竹田 由実
p54
▶福岡市における官民連携事業による都市公園の賑わいづくりについて
福岡市住宅都市局みどりのまち推進部みどり推進課
小島 ゆい
p57
■土木の魅力が伝わる広報へ ▶つながる未来へ!庄の原佐野線 広報戦略「参加型の広報」により県民の自発的な参加を促す
前大分県土木建築部大分土木事務所
平野 祥司
p59
■後輩技術者に向けたメッセージ㊼㊽ ▶調査・計画に携わって
元国土交通省北陸地方整備局企画部技術調整管理官
蚊爪 利之
p62
▶愛媛県における建設業BCPの普及促進について
元愛媛県中予地方局建設部長
真田 憲高
p65
■地区連の頁 — 四 国 — ▶徳島小松島港金磯地区岸壁( 11m)予防保全事業について
前国土交通省四国地方整備局小松島港湾・空港整備事務所
壹反田 正好
p68
▶一般国道195号出合大戸(であいおおと)バイパス「出合ゆず大橋」架替事業について
徳島県南部総合県民局県土整備部那賀庁舎
p69
▶建設業の担い手確保・人材育成について
前香川県土木部技術企画課
浅野 康
p70
鏡的渕(かがみまとぶち)地区災害関連緊急地すべり対策事業について
高知県土木部防災砂防課
渡辺 元晴
p71
▶市道花園町線道路整備事業について
松山市都市整備部道路建設課
村井 望
p72
▶今後の河川技術者像について
前国土交通省四国地方整備局徳島河川国道事務所吉野川貞光出張所
井上 博義
p73
■全建通信 ▶全建NEWS
— 会員の新規加入及び会員継続のお願い 等—

 
p74
▶詰碁・詰将棋
 
p75
▶全建の「建設系公務員賠償責任保険」次期(8月始期)パンフレットを6月号とともに配布いたします!
 
p76
▶Dr.クマの“健康のヒント”
 
p78
▶編集後記
 
p79
▶平成29年度 公共事業品質確保技術者Ⅰ・Ⅱ資格試験のご案内
 
p80

<表紙写真>弘前城本丸石垣修理事業・石垣解体始め式(青森県弘前市)
 今月の写真は本年4月9日に開催されました石垣解体始め式の模様です。
 今回の石垣修理事業の発端は、昭和58年5月26日、日本海中部地震が発生。弘前市においても震度4を観測しました。弘前城本丸東側石垣の膨らみは、この地震による被害状況調査の過程で確認され、翌59 年、石垣を定期的に測量する「定点観測」に着手。定点観測では築石が毎年数ミリ〜数センチほどの規模で本丸側(内側)・濠側(外側)双方への移動を繰り返し、年月を重ねるごとに移動が濠側の一定方向に蓄積され、築石にずれが生じていることが確認されました。また専門業者による石垣概要診断調査を実施した結果、このまま変位が進行すると地震などの衝撃により、石垣が崩壊する危険性が指摘され、修理に至りました。
 石垣修理は、弘前城(天守)の真下も行われるため、弘前城を移動する必要があることから、総重量約400トンの3層からなる天守を平成27年に曳屋しました。全国的にも城が動くのは珍しく、大きく報道されました。
 そして今回の写真、4月9日に開催された石垣解体始め式では、今回の巻頭言ご執筆の葛西市長による武家言葉でのあいさつや地元中学生の演奏等の催しが行われた後、いよいよ市長の号令を合図に、石材がクレーンで持ち上げられました。この日から2年をかけて、弘前城本丸石垣約3000石の解体が進められていきます。

提供:青森県弘前市
次回特集/「災害に強い安全な国土づくり−備え編−」の予定です。

Copyright(c)2006-2017 zenken.com All rights reserved.