主催:(一社)全日本建設技術協会、福島県、福島市    後援:国土交通省

第657回建設技術講習会(災害に強い安全な国土づくり)日程
国土強靭化の進化と激甚化する自然災害と巨大地震へ向けた
防災・減災対策について最新の施策及び取り組みについて学ぶ


・国土強靭化に向けた防災意識社会への転換
・災害時における体制の充実強化(被災情報の集約・共有やTEC−FORCEの活動等)
・自然災害(水害・地震・津波・高潮・土砂災害・火山噴火等)に対するハード・ソフト一体となった防災・減災対策の取り組み(各地で取り組んでいる自然災害対策の具体の取り組み事例)
・近年の大規模地震や豪雨災害における被害と復旧・復興への取り組み
・災害時におけるICTの活用による初動対応の効率化(被害の情報収集、復旧作業など)

会場……

福島県教育会館(大ホール)
〒960-8534 福島市上浜町10-38 TEL 024-523-0206(代)


全講師分
(PDF 64,963KB)

開場11:40 1日目 令和元年10月30日(水) (敬称略)
12:40

13:00
あいさつ

福島県知事
福島市長
(一社)全日本建設技術協会 専務理事

内堀 雅雄
木幡  浩
泊  宏

13:00

14:00

災害情報からみた防災対策
(PDF 2,287KB)

東京大学大学院情報学環
総合防災情報研究センター センター長・教授

田中  淳
14:10

15:10

国土強靭化に向けた取り組みの推進
(PDF 5,132KB)

内閣府内閣官房国土強靭化推進室 企画官

松浦  直
15:20

16:20

【地元自治体の取り組み】
東日本大震災からの復旧・復興

(PDF 9,525KB)

福島県土木部土木企画課 主幹

中村 一彦

 

「参加者同士の交流会・講師との意見交換会」
<希望者のみ> (17:30〜19:00(予定))

ザ・セレクトン福島 本館3階「吾妻」
TEL024-531-1111(代)        (中止)
 
開場 9:00  2日目 10月31日(木) (敬称略)
9:40

10:40

大規模広域豪雨を踏まえた水災害対策について
(PDF 13,301B)

国土交通省水管理・国土保全局河川計画課
 河川技術調整官

森久保  司
10:50

11:50
国土交通省の地震対策について
(PDF 3,590KB)

国土交通省水管理・国土保全局防災課
 課長補佐

山崎  航
13:00

13:20
【地域事業の紹介@】
復興支援道路 相馬福島道路について
(PDF 7,477KB)

国土交通省東北地方整備局
福島河川国道事務所 所長

小浪 尊宏
13:20

13:40
【地域事業の紹介A】
松川大洲地区海岸及び大浜地区海岸の災害復旧事業について

(PDF 2,297KB)

福島県土木部河川整備課 主幹

芳賀 英幸
13:40

14:00
【地域事業の紹介B】
福島ロボットテストフィールドについて

(PDF 6,493KB)

福島県商工労働部ロボット産業推進室
 主幹

大竹 和彦
14:10

15:10

熊本地震で被災した公共土木施設の復旧について
〜初動から現状まで〜

(PDF 10,318KB)

熊本県土木部河川港湾局河川課
 審議員(防災担当)

谷水 秀行
15:20

16:20

国土交通省の災害初動対応について
〜TEC−FORCEの取り組み〜

(PDF 6,651KB)

国土交通省水管理・国土保全局防災課
災害対策室 課長補佐

天野  聡
16:20
閉会のあいさつ

福島県土木部 次長

小川 辰壽
集合 7:40〜 【現場研修】3日目 11月1日(金)  

JR福島駅西口(8:10)出発
→ 復興支援道路 相馬福島道路「桑折(こおり)高架橋(仮称)」建設工事(下車説明)
→ 松川浦漁港海岸災害復旧工事[H29年全建賞](下車説明)
→ 大浜地区海岸公共災害復旧事業[H30年全建賞](下車説明) → 昼食(南相馬市内)
→ 福島ロボットテストフィールド(下車説明) → JR福島駅(16:40)着後解散

※解散時刻は道路混雑等の交通事情により多少超過する場合もありますので予めご了承ください。
※講習会日程・現場研修は都合により、講師・講義内容・現場研修コースなどに変更が生じる場合があります。
全建CPD(継続教育)制度・CPDS認定プログラム 【聴講/現場】全建:8単位/3.5単位、CPDS:10ニット/2ユニット